上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

windowsVistaを利用して数日経ちますがアプリケーションソフトが正式に対応してなくて不具合が出る場合があります。

まず、Vistaにはバージョンが4つほどあり、Basic、Premium、Business,Ultimateです。Premiumは メモリが1GB以上と性能の良いグラフィックカードとCPUが必要です。メリットは3Dとウィンドウが透過すること、MediaCenterなどのマルチメディア機能がついています。 これは仕事で使っている人にとっては何のメリットもなく目新しいものが好きな人には面白いなーっていうくらいです。

Businessはドメインのネットワークにログインできます。一般の方には関係のない話です。

個人的にはBasicで十分です。

というよりXPを使っている方はまったくアップグレードする必要はありません。

できれば、XPを買いたいくらいです…(~_~)

仕事で現在XPを利用していて、いろんなアプリケーションを利用している方は現段階ではVistaへの乗り換えは危険です。現在のアプリケーションが対応していない可能性があります。 一つずつアプリケーションのVista対応状況を確認しましょう。

対応していない可能性がある場合はPCを買い換える場合XPにしましょう。

新しいOffice2007(ワードやエクセル)がまた厄介だ!これまでのOffice97~2003から操作方法が大幅に変更になりました。 確かに分かりやすくなったようです(初心者の場合)ただこれまで利用していた人から見ると使いにくい!

保存の形式も2003から変更されて(拡張子も)他人にファイルを渡す時わざわざ2003形式で保存しなおさなくてはならなくなりました。今までのバージョンアップではありえないことです。

使いやすくなり普及するまでおそらく1~2年くらいかかるのではないでしょうか?

本当に普及するんでしょうか? 困ったもんです。。

電気店で聞くとVistaパソコンもそれほど売れてないそうです。

そらそうでしょう! XPがいいという客までいるそうです。

2007.02.10 Sat l IT l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。