上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

30日にWindowsVistaのソフトを購入して、インストールして使ってみました。

パソコンは1~2年前くらいに自作したPCです。メモリ1GBのPentium4 3.0GHz 

WindowsVistaは3種類あって、安い順にHomeBasicとHomePremiumと仕事用のBusinessがあります。僕はBasicの上位版のPremiumを購入したましたが、Basicとの違いはウィンドウが半透明になるかとか、フリップ3Dが使えるか等、機能に差がある程度。 

メーカーのPCを見てみると、ハードウェアの性能が高いPCにはPremiumを低いものにはBasicをつんでいるようです。Premiumを使ってみてわかるのは、PCを立ち上げただけでメモリを500MBほど使うということ。Premiumを利用するにはメモリは1GBは必要だと思います。メーカーのPCもPremiumには1GBのメモリがつんであるようです。 Basicはお店で見ると立ち上げると250MBほどメモリを使うので512MB以上のメモリをつんだPCが必要でしょう。もし2年ほど前のPCを持っている人がいたらメモリを512MBへ増設しBasicへのアップグレードが無難ではないでしょうか?
ただ使ってみると、ちょっと古い手持ちのソフトが正式に対応してなかったり、比較的新しいソフトでもアップデートが必要です。また対応していないソフトや周辺機器もちらほらあるので、Vista導入はもう少し様子を見るほうがよさそうです。

2007.02.03 Sat l IT l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。