上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

去年から絵を習っている。 もともと、絵を描くのが好きだった僕は小さい頃からあちこちに落書きをしては怒られていた(>_<)
キンニクマン、ドラえもん、ドラゴンボールよく描いたな。 そういえば小さい頃水彩画を少し習っていた記憶もある。 ほとんど覚えていないが・・・
去年から習い始めたのは、なんか新しい趣味が欲しくなったので始めた。 失敗してもいいから気楽に描いていこうと思う。
絵の島田先生は同い年です。 生徒さんを集めるのに苦労しているみたいなので、応援したくなり色々集める方法を勝手に考えてみている。 なんかいい案ありますかね?

最近は少子高齢化ということもあり、定年後の趣味を探している方が多いと思う。
絵を習う時に、絵画教室がありますという告知だけでは、動機を与えるには不十分と思う。
この動機付けをどうしていくか? 
もし僕が絵を描いた事なかったら、こんな絵が描いてみいと思っていても今までに経験したことのない分野なので自分に出来るのか不安だったり、どのような絵がかけるか分からないので行く事をためらうだろう。

こんな絵が描けるというのが分かると良いかも。(生徒が描いた絵(あまり上手くなくてもいいかも) 

広告には生徒さんが絵を描けている姿がイメージできるチラシを作る必要がある。

絵を描く時に一番難しいのは、形をとることだと思う。
そこで絵を描いた事のない方(自信のない方)には“ぬりえ”から始める案を提案してみる。
画用紙に(ぬりえの輪郭に)水彩画で色を付けていく。 これで絵を描く楽しさを与える。
ぬりえだと、誰でも簡単に出来るイメージを与えやすい。

自分に絵が描けているところが想像できる広告作り。

実際僕がなぜ水彩画をしているか? 油絵や日本画の知識が全然なく不安があるから。
水彩画だと小学校の頃の経験があるから。

殴り書きで何を書いているのかわからなくなりました…  (>_<)


2007.01.10 Wed l 絵画教室 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。