上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
BモバイルのSIMと DOCOMOのクロッシー端末を使うとDOCOMOで契約するよりもはるかに安くモバイル環境を整えることができます。

それもドコモの回線を利用するので圏外も少ないです。 

BモバイルのSIM とは Bモバイルという会社が発売しているSIMカードです。
SIMカードとは携帯電話やスマートフォンに入っている電話番号情報などが入っている小さいカードです。
このSIMをDOCOMOから借りて条件によって安くユーザーに提供しています。

種類がいろいろありまして、イオンで販売しているBモバイルのSIMは 月980円ですが100kbpsと速度を遅くしています。
AMAZONやヨドバシカメラから発売されているPairSIMは2枚のSIMが入っていて、月額3000円ほどで2枚で2000MB(2GB)まで使えます。速度制限はなく一人で2台の機器で使っても良いですし、友達や家族と二人で使ってもよいです。
2GBは利用状況にもよりますが、動画を見ない場合でWEBサーフィンとメールくらいでは十分な通信量となっています。

IMG_0242.jpg
これはDOCOMOのクロッシー端末L-02C(USB接続)にSIMカードをいれて使うことができます。
クロッシーの端末はアマゾンなどで購入可能です。

またBモバイルのSIMカードもAMAZONで購入可能です。
このBモバイル商品は購入後、WEBで利用者の情報、決済のクレジットカード番号を登録して使います。携帯の手続きよりも簡単にできるので私はこれを使っています。



その他 DOCOMOの使っていないスマートフォンや3G対応のタブレット、PCなどでも使うことができます。

私はクロッシー対応のWifi端末L-09CとSONYタブレットの3Gで使っています。


SONYタブレットは近々Xperiaタブレットが発表されるなんて噂もありますので、そちらを待つのも良いかもしれません。

クロッシーとはDOCOMOの高速通信回線ですが、今は堺市では圏外が多く3GのFOMA回線に接続されることが多いようです。
3G回線はそれほで速い回線ではありませんがメールとインターネットくらいでは問題なく使えます。
DOCOMOの回線を借りていますので、DOCOMOで契約した端末よりはスピードは遅くなっています。その分2年縛りや利用状況に応じて費用をおさえられるメリットがあります。

2012.08.08 Wed l モバイル l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。