上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
非常に便利な記憶装置のUSBメモリですが、寿命があります。

最近値段が下がってきて2GBだったら1000円くらいで手に入ります。

その上、キーホルダーにつけて必要な時だけPCに接続して使うことができます。

衝撃にも強く携帯性も良いのでUSBメモリだけに重要なデータを入れている方も多いと思います。

僕のお客さんでもそういった使い方をされている方が結構います。

メモリというキーワードから、何となく半永久的に使えそうな気もしますが、実際は半永久的に使えるものではなく、いつか寿命が必ず来ます。

これは、USBメモリがデータを記録する仕組み上仕方の無い事です。

USBメモリはフラッシュメモリと呼ばれ書き込みと消去を繰り返すことで劣化していきます。 メーカーの使用している部材によっても寿命が違うので一概に寿命は言えませんが、
毎日のように書き換えを繰り返すのであれば、1年くらいで新しいものに買い替えるのも良いと思います。

また、紛失の恐れもある場合は暗号化することできるUSBメモリを使ったりバックアップを取る習慣をつけましょう。
もし、使っていてUSBメモリが認識しなくなったり書き込みエラーが出たりした場合は寿命が近づいている証拠です。 中のデータが取り出せなくなる前に新しいUSBメモリにデータを移行しましょう。
そして、USBメモリのメーカーのサポートに連絡するとよいでしょう。 永久保証の場合は代わりのUSBメモリを送ってくれるでしょう。 データの復旧は有料になる場合がありますので注意が必要です。

僕は永久保証のTranscend製のUSBメモリを使っています。Transcendのホームページからデータ復旧のソフトも手に入ります。消してしまった写真を復元するソフトです。

2011.12.15 Thu l パソコンサポート l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。