上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

社内のファイル・プリント・グループウェアサーバーを移行することになった。 老朽化とファイルサーバーとしての容量が足らなくなってきたからだ。 SCSIのハードディスク9GB×2 CPU:P3 700MHzに WinNTサーバーを導入していた。 稼動させてからは安定して動作をしていたのだが、 やはりデーター領域が5GB程しかないのでそろそろと思い導入を決意した。 

ペンティアムDに160GB×2のシリアルATAをRAIDでミラーリングする。これでハードディスクが1台死んでも稼動可能である。 (他の部品が死んだら知らんが・・・)

データの移行とプリントサーバとしての設定は問題なくおわった。グループウェアで使っているdeskne'tsのデータ移動をするがどうやらこのソフト別サーバで稼動させるにはプロダクトキーのようなものを再発行させる必要があるらしい。それもプロダクトキーを発行するには有料の年間サポートに入っておかないといけないらしい! って事は、もしサポートに入っていないと利用途中でサーバが壊れて、代替機に移行してもすぐには利用できないって事だ。 最低数日はグループウェアソフトが利用できなくなるって事だ。 しょうがないので年間サポートに入って数日たつとサポートライセンスが送られてくる、それからキーを再発行してもらう。キーの発行はすぐに出来るのだが、トラブルが起きたときのために年間ライセンスには入っておく必要があるみたい。 

他のグループウェア サイボウズなどはどうなんだろう? サイボウズのHPから調べると、データのバックアップの方法やインストールの方法など詳しく掲載されている。 サーバーを移行したとき登録キーを再登録する必要はないみたいだ。 と行く事は古いPCにサーバと同じ環境を作っておいてトラブル時にバックアップを取っておいたデータだけ移行させると利用できるという事だ。 Desknetsにくらべて便利だし、年間サポートも必要ないかな?

Bf_011

お客さんにはサイボウズのほうを勧めていく事にする。


2006.11.11 Sat l パソコンサポート l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。