上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
日本生命の主催の相続税セミナーに行ってきました。
堺のリーガロイヤルホテルにて。
講師は生命保険の相続税担当の方で毎月100組くらいの個別コンサルをしている方です。

特に生命保険に入っている訳でもなかったのですが、父の知り合いが支社長をしているとのことで参加しました。

生命保険に相続税って関係あるのかな?って思っていました。

わかったことは
  • 相続税のコストを下げるには長期間にわたって計画的に行うのが良いとのこと。
  • 遺言を書いておくともめない。(自筆で) それも公正証書で書いておくのが望ましいとのこと。
  • 生命保険の受け取りは相続ではないので利用するとよい
  • 税理士さんだけに相続のことを任せるのは危険
  • 相続した時によく問題になるのが分割問題。
  • 特に土地などの不動産を相続するときに分割する事が難しい。
 
兄弟に分割した時に均等に分割できないので、生命保険の受け取りを利用するとよいとのこと。

また、生命保険の受け取りを子供にしておくと、財産を引き出す時に簡単に引き出せます。

銀行などに預けていると引き出すのが難しい場合もあるみたいです。

生前贈与する場合は 毎年310万円くらい贈与すると相続コストが少なくて済むと経験上の話もしてくださいました。
2011.09.21 Wed l 日記・コラム・つぶやき l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。