上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

自動車の公害を考える時に一番に思いつくのは排気ガスの問題ではないでしょうか? 

排気ガスに含まれるCo2は地球温暖化の原因になりますし、Noxは光化学スモッグや酸性雨の原因になります。これらを少なくする方法の一つにディーゼルエンジンの自動車に乗ることがあります。
自動車はエンジン形式から、ガソリン車とディーゼル車に大きく分類されます。ガソリン車はガソリンを燃料として使用しますが、ディーゼル車は軽油を燃料とします。ディーゼルエンジンは、バスやトラックなどの大型車やに多く採用されています。

ディーゼルエンジンは日本では排気ガス規制などでバスやトラック以外ではほとんど見られなくなりました。 それは今までのディーゼルエンジンは 遅、振動が大きい、排気ガスが汚いなど環境に対してよくないイメージが日本では強いからです。

しかし、環境意識の高いヨーロッパではディーゼルエンジンの販売シェアが50%を超えています。 これはディーゼルエンジンがガソリンエンジンに比べ環境によいからです。 一般的にディーゼルエンジンははガソリンに比べ効率がいいのでCO2の排出量は少ないのですが、NOxとPMの排出量が多くそれが、ネックになっていました。

しかし技術の進歩によってディーゼルエンジンNoX(窒素酸化物)や粒子状物質(PM)
を90%以上も削減する事が出来るようになりました。
また、もともとCo2の排出量はガソリンエンジンよりも少ないので、環境汚染がすくなくてすみます。

世界で始めて車を販売したメーカーのメルセデスが日本でディーゼルエンジンの販売を開始しました。ではなぜいまさらディーゼルエンジンを日本に導入してきたのでしょうか?それはディーゼルがガソリンに比べてすばらしい性能を持っているからにほかなりません。走行性能においても、メルセデスでは新しいディーゼルでは5リッターエンジン並みの走行性能と2リッターエンジン並みの経済性と謡っています。

また、日本でもディーゼルが注目され始め自動車メーカーが開発に力を入れだしてきています。おそらく数年後には日本車にもディーゼルエンジンの載った自動車がたくさん販売され始めるでしょう。
その時、皆さんには正しい知識で自動車を選択していただければと思います。
その事で環境保護につながっていくことになるのではないでしょうか。


2006.11.06 Mon l スピーチ教室 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。