上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
新居にCATVのインターネットを引き、無線LAN環境にするのにバッファローのWZR-HP-G301NH
を導入しました。



全画面キャプチャ 20101109 131554
この辺から記憶が定かではないのですが、最初は普通に使えてました。

ある日、バッファローのホームページからファームウェアのアップデートがあるので無線ルーターのアップデートを行いました。

ファームウェアのアップデートは製品の基礎的なプログラムを修正するために製造元からちょくちょく発表されます。 特に不具合が無ければしなくても構わないのですが、まれに新しい無線の子機が繋がらなくてアップデートすると解消するような例もあります。

(実際、先日お客さんの所の無線LANが繋がらないとの報告を受け設定は間違えていないが繋がらない事態が起こりました。 バッファローの製品ですが、ホームページよりアップデートをすることで接続できました。)

後々そのようなことが起こっても嫌なので、早めにアップデートしました。

その数日後、 インターネットをしていると繋がらない事態が起こりました。無線は繋がっているのでCATVが繋がらないかと思って無線ルーターの設定を触っているとまた繋がりました。

この繋がったり切れたりを繰り返しているようです。 念のためPCとCATVを直接LANで接続すると切れたりしません。 
予想としてはファームウェアのアップデートで改悪してしまった? のでしょうか。

そう予想して、ファームウェアをオンラインでバージョンを下げました。 するとその最中にインターネットが切れたらしく・・・ ファームウェアの書き換えに失敗したようです。

確か、ファームウェアの書き換えは自己責任で、失敗した場合は修理にて実費で対応します。 とあったような・・・(-_-;)

それから赤いランプが点滅して、一切接続できなくなりました。 はぁ。。

あきらめて、販売店に保証書と一緒に持っていくと。 「CATVに接続すると繋がったり切れたりする。ファームウェアのアップデートに失敗しました。」というと(よく理解できなかったようで)初期不良扱いで新品に交換してもらうことが出来ました。

ファームウェアのアップデートはこのような危険もはらんでいるため、特に問題の無い場合はしないほうが良いと思います。

ファームウェアの書き換えは、プログラムをPCにダウンロードした上で有線接続で行うことをオススメします。

2010.11.09 Tue l IT l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。