上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ホテルのロビーに置いてある共有パソコンがあるのですが、不特定多数お客さんが使うので勝手にファイルをダウンロードしたりソフトをインストールされます。

パソコンは容量がいっぱいになり、不安定になります。

そこで、マイクロソフトから無償で配布されている“Windows SteadyState”を導入しました。

Windows SteadyStateは Windowsパソコンをで再起動するたびに元の状態に戻せるソフトです。

対応OSはWindowsXpとVISTAのみとなっています。

管理者権限でログインしてStadystateソフト上でアカウントを作成しディスクの保護機能をONにするだけで設定は完了ですが、かなりのディスクの空き領域は必要なようです。

更新などの変更が必要な場合は管理者権限でログインすればよいようです。

その他、使わないソフトを隠すことやアクセスできるドライブなど細かい設定が出来ます。

これでネットカフェなどで不特定多数のお客さんがPCを使ってウィルスに感染しても再起動するだけで治るのでトラブルが減ると思います。


IMG_0044.jpg

Windows SteadyState
2010.04.01 Thu l パソコンサポート l COM(2) l top ▲

コメント

ありがとうございます
そうなんですよ。 ほっておくとたくさんのソフトが入れられていてびっくりしますよ。 メッセンジャーとかフリーのソフト、英語版のソフトまで見たことのないソフトでいっぱいになっています。(>_<)

大阪の南の方ではネカフェ難民見かけませんね~。 最近はテレビでも見かけなくなりましたがどうなんでしょうかね?
2010.04.02 Fri l しげ. URL l 編集
No title
確かに不特定多数の人が使うパソコンは、容量不足やウイルス感染とかいろいろ大変そうですね。

都度再インストールやってられないですもんね~(>_<)

それにしても最近ネカフェ難民って減ってきているんですかね?
2010.04.02 Fri l shige. URL l 編集

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。