上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
Windows7にはHomePremiumやProfesional、Ultimateなど様々なバージョンがあります。

その中で大きく分けて 32bit版と64bit版というのがあります。

今までのWindowsはほとんど32bitです。

昔はゲーム機で8bitだ16bitだとbit数が多いほど偉い(笑)みたいなことがありましたが、

PCではこの64bit。メリットもありますが、デメリットの方が多そうです。

実はVAIOのFシリーズを導入しようかと思っていたので色々調べていたのですがどうやらVAIOWindows764bit版しか用意してくれていません。

SONYstyleで一部機種で32bitのWindowsXpのダウングレードも用意してくれてはいますがFシリーズはそれもありません。

64bitでの
メリット:メモリが3GB 以上でも認識してくれる。 64bit用に作ったソフトは動作が速いらしい(ほとんどありませんが)このメモリ3GB 認識してくれても3GBも必要な使い方は非常にハードな使い方か、たくさんのアプリケーションを常駐させるような横着な僕みたいな(笑)使い方しないと必要ありません。

デメリット:一部周辺機器が動作しない。対応していないソフトがある。

会社で使いそうなソフト、周辺機器を調べていると弥生会計(10から正式対応)コニカミノルタのプリンター(対応済み)、
UFJ銀行のオンラインバンキングのBizStationが対応していません。 また、ネット証券の動作環境が未確認です。

このように、企業によって使っているソフトが様々な現況では64bitは導入を見合わせた方がよさそうです。

SONYのVAIOさんは32bitへのリカバリ出来ないのかな? 要確認です。

64bitの普及はまだまだ先だと思いました。
それにしても… ソニーさん。 なんで64bitなんですか? 

東芝やNEC、富士通みたいに32bitにしておいて64bitはリカバリディスクをつけとけばいいのに…

絶対トラブルの素です。
2010.02.10 Wed l パソコンサポート l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。