上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先日、知り合いのインターネット通販をしているお店がクレジットの不正利用に合われました。

そのお店はブランド品などの商品を扱っていたのですが、クレジット決済にイプシロンの決済代行をりようしていました。

よく確認してみると、クレジット決済時に入力するのは番号と有効期限のみ。 この方法だとクレジットマスターという方法で不正利用ができるようです。
この方法に対抗する手段はないらしく、お店側で怪しい場合は本人確認してくださいとのことでした。

不正利用されるのは転売できるブランド品や高額な電化製品が狙われることが多いらしいです。

不正利用にあったのは 1度目10万円ほどのブランド品をカード決済で購入する方がいました。
イプシロンでは課金済みになっていたので、商品を送りました。

すると、翌日今度はルイビトンの商品をカードで購入してきました。(本当はここで気ずくべきでした。)
そのお店はルイビトンのみカード決済をお断りしていたので、キャンセルの連絡をしました。するとすぐに別の商品を購入してきました。(その時は変わった人もいるものだといしか思っていませんでした。)

すると、数日後、イプシロンから(不正利用確定)のメールと不正利用の資料と不正利用者の名前が入った添付ファイル付きのメールが来ました。(この資料は契約時に渡すべきだと思います。)

あわてて見ると先日の購入者の名前が入っていました。 イプシロンに電話するとチャージバックといってカード会社が支払いを拒絶するのでお支払いできないとの事でした。

カード犯罪にあってもカード所有者は大丈夫でカード会社が負担すると思っていたら、小売業者が負担していたのですね。

イプシロンには3Dセキュアという本人しか知らない暗証番号を入力して決済するシステムもあるのですがそれを聞いたのは被害にあってからです。それにこの3Dセキュアは携帯や一部のカードでは利用できない上に暗証番号を忘れたら利用できないというデメリットもあります。

書面では不正利用の事も書いてあったのですが、大事なことなので(特に不正利用されやすい環境だった事)おそらく分かっていたはずなのに何も伝えてこなかったイプシロンに不信感がわきました。

便利に使えるクレジットカードですが、便利なものほど犯罪に会いやすいみたいです。 個人的にはクレジットカードはインターネット通販では利用していますがリアルなお店では使わないようにしています。 電気屋さんだったら現金で払う方が値引きもしてくれやすいし、ポイント還元率の高いところもありますし。

楽天出店でも安心はできませんが、店舗側からはカード名義人の名前は分かりますので、イプシロンよりはずっと安心です。 
2009.10.27 Tue l IT l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。