上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
最近はお客様への納入PCにHP製を利用することが増えてきた。 法人営業担当が付いているので、相談しやすいからだ。(多分DellとかEpsonDirectにもあるはずだが。 たまたま電話かけてきたのがきっかけで)

今まではDell、HP、EpsonDirectの3社でその時の納期やスペック、価格で選んでいた。
EpsonDirectは国内生産で納期が速いのだが少し高い。HPはデスクトップは国内生産、ノートPCは中国生産で納期が5日から12日。

Dellは中国生産である。

デザイン的にはHPが少しいいような気がする。

お客様の中にはDellは故障しやすいから嫌いという方がたまにいる。 今までDellが故障しやすいと思ったことは無いのだが、その時に悪い部品を使っていたり、偶然そういった不良品に当たってしまうとそのメーカーのイメージが悪くなって嫌いになる。 
コストを抑えた、安いPCを出したメーカーに噂が立つことが多いようです。(ソーテッ○など)

ソニーのPCもよくソニータイマーという噂が出るほどよく故障した時期があったようです。

最近はどこのメーカーも品質管理が行き届いているのでそれ程神経質になる必要はないようです。
今回はHPの12インチノート(HPCompaq2230S)を仕入れました。

OSはお客様の要望でWindowsVistaのXpダウングレードを適用しました。 メモリは2GBこれだけあれば、次期バージョンのWindows7にも対応できます。

CPUはCeleron T1600 (1.66/1/667) このCPUはクロック数1.6GHzですがデュアルコアなのでXpを動かすには十分なスピードです。

HPは12インチも15インチのノートPCも同じようなデザインになっています。DSC01003.jpg

右側面にはSD、PCExpress、HDMI、USBポート、アナログディスプレイポートが付いています。
DSC01004.jpg

左側面には USBポート、DVD-Rドライブ、LAN、モデムポートが付いています。
DSC01005.jpg


2009.02.25 Wed l パソコンサポート l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。