上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

金曜日の夜中に仕事用で使っていたノートパソコンPanasonicのLet'snoteから急に異音がしてPCの画面が真っ暗になっていた。 (~_~;) このパソコンは2年半くらい前に購入したPCで仕事のデータなどが入っていて、毎日持ち歩いていました。 前から、たまにHDが認識されなかったことはあったが、気にせずほっておいた。仕事のデータだけは1週間ほど前にバックアップを取っておいてあったので一安心である。取りあえずHDDを交換しようか考えたが、レッツノートはHDDを取り出すのも他のPCのように簡単にはいかないのは知っていた。その上普通のノートPC用のHDDは使えないのも知っていた。HDDの接続用のpinを折る必要があるらしい。 WEBから、レッツノートの資料を探す。 幸い当機cf-y2のHDDの交換をした方の資料があったのでじっくり見た。これがなかったらあきらめていたところである。

http://homepage2.nifty.com/o-nikko/Hard/cf-y2_hdt.htm

Dsc00596 キーボードをはずした

Dsc00597

ネジがたくさんある。わからなくならないように注意

また、はずさないといけないネジ類もたくさんあるが、とりあえずHDDを取り出しUSB接続でHDDのデータが取れないか試してみる。 HDDは回転しているようだがモーターの回転が安定しないようだ。 PCで認識はするのだがドライブとしてマウントしない。 何度か試すが無理っぽいので諦める。 それより月曜日からPCをどうするかを考えた。やっぱり仕事用のPCをノート1台でするのはちょっときついと思い、やっぱりデスクトップPCで仕事をすることにする。 そこで、早速日本橋のジョーシンに行きGatewayのGT4016j
という機種を購入する。 

http://jp.gateway.com/products/prodDetails.html?prod=Gateway_GT4016j

GT4016jGatewayは数年前、日本から突然撤退したアメリカのPCメーカーである。また最近、日本に進出してきたらしい。お店では、格安機eMachinesの兄貴分のような扱いである。確かemachinesが買収したんだったかな?忘れたけど。 どこかの企業で使ってたのを思い出して、音も静かだしまぁ特に可もなく不可もなくという感じで購入。初めてのAMDAthlon64X2というCPUを搭載した製品を購入した。取りあえず使えるPCを買うとなると買えるPCは限られてくるものだ。また、ノートPC用のHDDも購入する。資料によると、たまに使えないHDDもあるらしい。 どのHDDを購入するか悩む。 容量、メーカー 回転数など。値段からすると80GBくらいが妥当か。メーカーはToshibaか日立(IBM)になる。壊れたPCがToshibaのHDDを搭載していた。 なぜかノートPCのHDDはToshibaが目立つ。FujitsuもあるのにToshibaはノート用のHDDでは強いみたいである。 結局ドスパラで流体軸受けの文字に轢かれて日立の80GB回転数5400rpmのハードディスクを購入。レッツノートは冷却にファンを一つも使っていないのであまり回転数の速いHDDは熱を持つんじゃないかと思い断念する。後は無事に動いてくれる事を祈るのみ。 取りあえずデスクトップPCを会社に設置。 ある程度ソフトを入れたところで、帰ってバラバラになっているノートPCの修理に入る

HDDは41pinと44pinを折るらしい。 これで動かなかったら… 骨折り損だな。

HDDを加工してまた、カバーをつけてねじがたくさんあるので注意して戻していく。途中で電源を入れてみる。 画面に何も映らない… また今度はバッテリーとコンセントで付けてみるついた!そして、また組あげる今度は電源のみで立ち上げるつかない…。またバラスを繰り返す。 ちょっと諦めかけていたのだが、バッテリと電源を入れるとまた、立ち上がる。そのまま組上げて DVDからリカバリする。そこに増設用のメモリをつけるとまた、立ち上がらない。何回かメモリを抜き差ししてやっとPCが立ち上がった。一安心である。

そこから、PCの現状復帰が始まった。

SP2、Office、Photoshop、いろんなソフトを入れていかねば、終わってみると夜中になっていた。 前のHDDの中のデスクトップ上のデータなどをなくしてしまった。

最近お客さんでもPC(特にHDD)のクラッシュはよくあるのでバックアップはこまめにとりましょう。

2006.09.24 Sun l パソコンサポート l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。