上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先日、いつもお世話になっている方が会社の掃除をしていると1枚の絵が出てきました。

近藤吾朗先生の油絵です。 

DSC00864-1.jpg

タイトルは“パリー(マロニア)の春” ルクサンブール公園で描いたようです。


DSC00865-1.jpg

そこで近藤吾朗でWEBで検索してみると、


近藤吾朗
近藤吾朗先生は明治44年、福井県に生まれる。
文化学院で美術を学び、卒業後、長く中国、 フランスで絵画を研鑽した。
そして、アジアとヨーロッパの技法の融合を 目指した独自の画風を確立した。
インド、エジプトの古代遺跡を歴訪し、対象の もつ時の重さと存在の重さを作品に反映する 技法を加味した。

静岡県裾野市十里木にアトリエを構え、ひたすら 愛する富士を描いた。
亡くなられたのちに、近藤吾朗先生の作品は、大 多数は、裾野市に寄贈され、公共施設等に展示さ れている。


DSC00868-1.jpg

と出てきました。 ほとんど市場に流通していない作品のようです。
絵のことをよく知っている方にお譲りできたらと思います。
2009.02.02 Mon l 日記・コラム・つぶやき l COM(2) l top ▲

コメント

No title
こんにちは。 この絵は知り合いの方に頼まれていたもので、返したので今手元にはありません。
知り合いの方に連絡は取れますよ。
2012.04.17 Tue l しげ. URL l 編集
No title
はじめまして、実は近藤吾朗さんの絵について、うかがいたくメールしました。絵はまだお手元にありますのでしょうか?
2012.04.15 Sun l . URL l 編集

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。