上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
手持ちのipodNanoに接続できるスピーカーがほしくなってきました。

ipodを直接接続して充電ができ、リモコン操作が出来るスピーカーがほしいと思っています。

ピンプラグのスピーカなら、PC用があり音楽を聴くことは出来るのですが、寝る前に聞いたり曲の音量や早送りをするのにipodを直接操作するのが面倒だからです。

ちょうどヤマダ電機に行ったとき、Maxellの棒状のスピーカを見かけました。
c_sound00083.jpg
なかなかかっこよく値段も1万円弱でしたが他のものを買いに行って時間がなかったので、次回に買おうかと思いました。

そして、家に帰ってWEBで見ていると、同じMaxellからタイムドメインスピーカーがあるのを見つけました。

c_sound00054.jpg

タイムドメイン。。 なんか不思議なネーミングそして、未来的なデザイン。

タイムドメイン理論とは
音の変化を時間で捉え、原音の波形に何も加えず、何も欠落せず、正しく忠実に再生することを追究して構築された理論です。音の定位や、演奏家・作曲者が音楽に込めた繊細な音の表現をより忠実に再生する事が可能です。このタイムドメイン理論は、タイムドメイン社の由井啓之氏の提唱する理論です。

一気にそのデザインとうんちく(笑)に惹かれました。 値段はヨドバシで24000円 価格コムの最安値が17800円
でも取り寄せ。

それともう一つの候補はYAMAHAのMCR-330
pic-001.jpg

コンポみたいですが、CDも聴けてiPodとUSBメモリを接続してメモリの中のMP3の音楽を聴けます。
YAMAHAのスピーカーって結構好きなんです。 
10年以上前に購入したPCにYAMAHAの小さいスピーカーが付いていて、今でも使っていてPCやiPodを繋ぐといい音がします。

でもMCR-330少し高くてミドリ電化で35000円くらいで売っていました。 悩む日々が続きそうです。

2009.02.01 Sun l 日記・コラム・つぶやき l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。