上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
お客さんのPCで
OutlookExpressでメールを送信するときに送信は出来るが警告がでて送信済みアイテムのところに移動しないトラブル。

送信は出来るが、送信トレイに残ったままなので送受信を行うたびに相手にメールを送信していしまう。

どうやら、OutlookExpressの送信済みメールボックスのデータベース "送信済みトレイ.dbx"のファイルサイズが2GBを超えたため起こったようです。 メールボックスが2GBを超えるとそれ以上増えないらしいです。

まずはoutlookで“送信済みアイテム2”のフォルダを作成し終了
メールデータのデータ保存場所を探すと送信済みアイテム2のファイルが出来ているので削除する。
2GB以上になっている送信済みアイテムファイルのファイル名を送信済みアイテム2.dbxに変更する。

Outlookを起動すると、送信済みアイテムのフォルダが空になり送信済みアイテム2にメールデータが移動した。
この方法でトラブルを解決しました。
2008.09.08 Mon l パソコンサポート l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。