上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
マイクロソフトのOFFICEシリーズもVista発売と同時に2007バージョンが発売になり普及がゆっくりと確実に進行しているようです。 Office2007は今までの97から2003までのバージョンとはファイル形式も違えばツールバーのボタン配置も違う厄介なものです。

教えてるほうにとっては迷惑な話です。 そんな迷惑な2007のバージョンもお店でパソコンを購入すると自動的に付いてくるので、 普及がいやでも進んでいきます。

これに慣れていかないとWordもExcelも教えるときにウロウロ((+_+))しないといけません。

そこでメインで利用しているPCに Office2007のパーソナルをインストールしました。

インストールは古い2003のバージョンを自動でアップグレードしてくれるので問題なく終わりました。

メールはOutlookを利用していたので自動で2003→2007にバージョンアップしました。

ここまでは良かったのです。 が!outlook2007を使うと必ず右下の所に“データファイルが前回使用時に適切に閉じられなかった…”というメッセージが出てくるようになりました。 そこでインターネットでエラー対策を調べると、 見つけました。

http://excelblog.14.dtiblog.com/blog-entry-91.html

にエラーを解決する方法がありました。
そこで早速outlookのデータのエラーを修復してみました。すると1回は良くなりますが、しばらくするとまたエラーが発生します。

何回か修復しますが、 しばらくするとエラーが発生します。 

どうやらGoogleデスクトップがエラーの原因らしいです。
とりあえずGoogleデスクトップはなくてもあまり支障が無いので、削除してみました。

するとOutlookのエラーもでなくなりました。

2003の時はエラーが出てなかったのに2007にしてエラーが出るなんて…。

やっぱり安定しているPCはむやみに不要なソフトをインストールしたりバージョンアップはしないほうがいいようです。

本当に必要なソフトだけインストールして実験的にソフトをインストールするのはやめましょう。 これが一番長くPCを使用する方法のようです。

2008.06.03 Tue l 日記・コラム・つぶやき l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。