上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
昨日は雪もチラつく寒空の下 六甲まで行こうということになり六甲山に遊びに行きました。

行く道中、山頂付近凍結注意の掲示があり、 向こうから来る車の上にどこで積もったんだろうというほどの雪が積もってました。それは多分山頂から降りてきた車でだったのでしょう。。

凍結注意を見て、多分夜中になったら凍結するのかなーと思うくらいでした。

六甲山の山頂へ行く道を少し入ると、すぐに広場があり、雪野原になってます。

でもたまに来るまで山頂に上っていく車があります。 たぶんスタッドレスタイヤを履いて。

でも僕の車はノーマルタイヤ。 一瞬迷いましたが、大丈夫だろうということで山頂目指して登りだしました。

下りが危ないのも承知の上で。。 

登りはレガシィが四駆ということもあり、スリップもせず登っていきました。 でも見る見るうちに車が走っていないので地面は真っ白。 
かなり登ったところで危険を感じ引き返すことにしました。

そして下りに入った瞬間ブレーキを踏むと タイヤが“ズズーー” といって、車があらぬ方向に滑っていきます。 ブレーキはブレーキじゃなくなりハンドルはハンドルじゃなくなりました。

ブレーキを踏みっぱなしだとハンドルもまったく効かなく滑っていくのでブレーキを離して舵をとりまたブレーキを踏み離しを繰り返し 歩くくらいのスピードでゆっくり降りていきます。 


下りでアイス状になった雪は思っている以上に滑ります。 上からはチェーンやスタッドレスタイヤを履いた車が下りてくるので、先に行ってもらい滑りながらゆっくり降りてきます。

一度は車が滑って横を向きますが、かろうじて止まり恐る恐るゆっくり降りてきます。

何度かはゴリゴリするのも覚悟しましたが何とか無事に降りてきました。

確か
10年ほど昔雪の日に車を出して、滑って溝にはまったのを思い出しました。 
その頃からちっと変わってないのね。 僕 ^^; 

雪を甘く見て反省してます。

でもこれで明日のスピーチ教室のネタが出来たから良いことにしましょう。 (~_~)

蟹のように車が動いた時は怖かったー 
2008.02.18 Mon l 日記・コラム・つぶやき l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。