上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
次に買いたい一眼レフデジカメはほぼPENTAXのK20Dで決まりでしたが、SONYからアメリカでα350Dとα300が発表された事により迷っています。

ソニーの一眼レフはコニカミノルタから事業を引き継ぐ形で一眼レフを作っているため昔のミノルタのレンズが使えます。

今発売されているソニーのα700もとても魅力的ですがライブビューが無いのとペンタックスのレンズを持っている事でやっぱり買うならPENTAXかと思っていたのですが、新しいSONYの一眼レフにライブビューが付くということでソニーのαも良いかもと思えてきました。

今までの一眼レフデジカメは撮影するときにコンパクトデジカメのように背面の液晶に画像が写るのではなくファインダーを覗いて撮影していたのですが、ライブビューは背面の液晶を見ながらの撮影も出来ます。 これで三脚でセットがしやすかったり、いろんなアングルで撮影しやすくなります。 

結構SONY好きな僕にとってSONYのα700にライブビューが付くと良いなと思っていたので次期モデルまで待とうかと思っています。

後SONYの一眼レフがいいなと思ったのはメモリカードにコンパクトフラッシュとメモリスティックを使っているところです。

コンパクトデジカメでは気にならなかったSDカードの書き込みスピードも一眼レフでRAWデータを書き込むスピードの遅さが気になります。

多分コンパクトフラッシュの書き込みスピードはSDカードより速いと思うのでコンパクトフラッシュが使えるのは魅力的です。 

とはいえSDカードの値段の安さも魅力的なのですが
2008.01.31 Thu l 写真・カメラ l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://shigekiasaka.blog15.fc2.com/tb.php/247-41fb9e9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。