上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

5/11 Windows XP並びにWindows Server 2003で、Windows UpdateやMicrosoft Update、自動更新を実行すると、エラーコード「0x8DDD0009」が表示されてMicrosoft Updateに失敗する、またはコンピュータの負荷が高くなって長時間Windows Updateが完了せず、「タスク マネージャ」でパフォーマンスを確認すると、CPU使用率が高いままの状態になることがあるそうです。こういった場合の対処方法を本日マイクロソフトが発表しました。

http://support.microsoft.com/kb/937383/ja

私のお客さんでも 突然動作が遅くなり操作が不能になるPCがありました。 こういった場合は対処方法が分からなくて困ります。 電源を切るときのアップデートもかなり時間がかかるようです。今のところ発症しているPCは1台だけなのでこのアップデートで対処する予定です。

本当に困ります。 トラブル回避のためのアップデートでトラブルになるなんて!

2007.05.14 Mon l IT l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。