上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

ウィンドウズOSの進化について

つい先日オペーレティングシステムOSの代表的なソフトであるWindowsの最新バージョンであるVistaを発売しました。パソコンの好きな人にとっては興味深い出来事だとおもいます。私も興味があり発売当日ソフトのみ手に入れました。 皆さんはどうでしょうか?

ここでWindowsの歴史を紹介しておくと最新のVistaが発売されるまで、幾度となくバージョンアップしてきました。 このWindowsには、家庭用とビジネス用が存在しているのはご存知でしょうか? OSは家庭用として95、98、Meとバージョンアップしてきました。 また、ビジネス用としてNT4.0や2000とバージョンアップしてきました。 これらの違いはずばりパソコンの安定性にあります。 Windowsの95や98、Meを使っていた経験のある方ならご存知の方もいると思いますが、これらは極めて不安定なOSでした。 複数のソフトを同時に立ち上げるとすぐに固まってしまった経験があると思います。

これらのOSとは別にとても安定したNTというバージョンも存在しました。ただこちらのOSは値段も高くてビジネス用として発売されていました。

これら2種類のOSが前回のXPというバージョンで1つになり、不安定なOSの95シリーズがなくなりました。
Windowsが劇的に変わったのは前回のXPの時です。これにより家庭用の使いやすさとビジネス用の安定性を持ったWindowsがXPなのです。

では、今回発売されたVistaはどうかといいますと、今の状況では非常に使いにくいOSと感じます。

確かにVistaは初心者に分かりやすく作られています。そのため初めてパソコンをはじめられる方にはオススメできます。 しかし、今までのWindowsに慣れ親しんだ方には使いにくく戸惑う事も多いと思います。 また、利用しているソフトもVistaに対応していない事もあります。

僕は今、XPで不都合なく利用している方は買い換える必要はないと思われます。また仕事で利用している方で買い換える必要がある方はVistaよりもXPを選択される事をお勧めしたいと思います。

Vistaが普及してくるのは2、3年後ごろでしょう。

2007.03.18 Sun l スピーチ教室 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。