上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
4月の24日は新神戸駅からゴンドラで向かう布引ハーブ園に行きました。

大きな地図で見る

DSC06668.jpg

ゴンドラからは神戸の風景が見れます。
DSC06615.jpg
DSC06663.jpg
良いお天気です。
DSC06658.jpg
ハーブ園内では田尾宇内のビュッフェがあり、ハーブ料理などがあります。
結構種類豊富で楽しかったです。
スポンサーサイト
2011.05.06 Fri l パソコンサポート l COM(0) l top ▲
パナソニックのLet'sNote Y8 にWindows7をクリーンインストールしました。
Yシリーズは後継機種がなくなったのでY8が最後です。 1.5㎏に14インチ1400×1050の液晶が使いやすいモデルです。

Y8にはWindowsVistaのbusinessが入っていました。 Core2DuoのCPUと2GBのメモリのおかげかVistaにしては起動が早かったのですが終了が遅くシャットダウンして5分くらいかかっていました。
 
そこで PCショップで ノート用のHDDと DSP版のWindows7Professionalを購入してHDDの入れ替えとWindows7 をインストールしました。

IMG_2474.jpg

PanasonicのホームページではVistaをリカバリした後にアップグレードの方法が載っていましたが
取り替えたHDDにクリーンインストール 
Windows7用のドライバは
http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/02223

からダウンロード

一部DVD の省電力ドライバーや バッテリーを満充電させないでバッテリーの寿命を延ばすソフトウェア類は
WindowsVista用ドライバを利用しました。
http://askpc.panasonic.co.jp/dl/install/y8fwm.html

IMG_2467.jpg

Windows7は終了があっという間なので急いでいるときは助かります。 その他動作速度はそれほど変化はないかな?

2011.05.20 Fri l パソコンサポート l COM(0) l top ▲
愛車:マツダ アテンザのフロアマットが(運転席のかかとを置く部分)傷んできたので、ディーラーにて聞いてみると1台分(3万円超)の販売になるようでした。 

そこでインターネットで検索して ZEROフロアーマットを購入。 材質や色を選べるし値段も1台分17000円~ と安いようです。

オリジナルに合わせた滑り止めのストッパーホールもあるようです。 銀と黒のチェック柄を注文

1週間くらいで届きました。
IMG_2464.jpg

ストッパー用の穴もしっかりはまりました。
2011.05.20 Fri l パソコンサポート l COM(0) l top ▲
e-mobileからUQWimaxに乗り換えました。

e-mobileは2年縛りで数ケ月ほど残っていましたので違約金2万円ほどとられるみたいです。

e-mobileよりもUQWimaxの方が利用できるエリアは狭いですが、スピードが速いのと郊外に行くとどちらも圏外になるので変更しました。

e-mobileは解約しても使いたいときに使えるプリペイド方式に変更して機器は使えるみたいです。

UQWimaxの機器はPCやipodtouchなどとwifi接続できる WM3500R です。

通信速度はADSLと同じくらいは出るので兼ね満足です。

IMG_2472_20110521102034.jpg


アンテナ強度は1-3まで3段階あり、建物内とかは電波が悪くなったり場所によって速度が変わるみたいです。
e-mobileより圏外になる確率は少し高いと思いました。

初期費用 wimax機器代がキャンペーンで5800円
UQwimaxは1年縛りで3880円/月です。 たぶん1年以上は使うと思います。

また、通信機器を追加しても月々+200円です。(同時使用は不可ですが)これくらいだったら機器を増やしてもよいかと思います。
2011.05.21 Sat l パソコンサポート l COM(0) l top ▲
Windows7をインストールしたLet'sNoteY8のハードディスクをSSDに交換しました。
DSC02398.jpg
DSC02403.jpg


SSDはIntel製で信頼性も高いと思います。 以前購入したSSDは利用中にプチフリーズを起こしていましたが
最近はプチフリーズという言葉も聞かなくなりました。

320GBのHDDから160GBのSSDに交換です。 SSDは基本的にHDDよりも容量が少なく高いのですが衝撃に強いのとアクセススピードが速いのが特徴です。 SSDは衝撃に強いのでPC稼働中に移動させたりする人はSSDの方がよいと思います。

交換方法は
Let'sNoteのY8にIntelのサイトからダウンロードできるクローン作製ツールと SATAをUSB接続するためのツールを使います。SSDをPCにUSBで接続してIntelの Data Migration Softwareを起動させます。
DSC02404.jpg


Data Migration Softwareは基本はACRONISのMigrate Easyで機能を絞ったようなソフトです。

このソフトでSSDにHDD情報をそのままコピーしてノートPCのHDDを載せ替えると普通に起動しました。
DSC02408.jpg
IMG_2496.jpg
エクスペリエンスで データ転送の点数が5.9から7.2に上がりました。

2011.05.27 Fri l パソコンサポート l COM(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。