上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
長い間 Windowsの標準ソフトとして君臨してきたOutlookExpress(OE)ですが、VistaではWindowsMail(WM)に
7では実質無くなってしまいました。 (WindowsLiveMailをダウンロードして利用する)

このOEとWMで最も違うのはメールのファイル管理方法だと思います。

OEでは受信トレイや送信済みアイテム等フォルダ毎に一つのデータベースファイルが作成されます。
メールを受信や送信するごとにこのファイルが大きくなっていく仕組みです。

最近は大きいファイルを添付することが多くなりこのファイルがどんどん大きくなっていきます。
このファイルの最大は2GBまでで、これ以上は大きくなりません。

2GBになってしまうと、メールの受信中にエラーが表示されメールの受信が出来なくなります。

(実際にお客さんでこういう連絡を数件頂きました。)

そうなってしまった時は、受信トレイのメールを削除や移動して最適化をしなければなりません。

(メールの移動後に ファイル→フォルダ→最適化で出来ます。)

これがWMになってからは受信トレイが一つのフォルダになりその中にメールがファイルで保存されるようになりました。
これでハードディスクいっぱいまで受信できるようになりました。

これが7になりメールソフトが標準でつかなくなり、WindowsLiveMailをダウンロードしなければならなくなりました。
このLivemail(LM)はなかなか優れものでHotMailと連携出来るようになっています。 また、WindowsLiveのカレンダーとも連携が取れるようになっています。 さすがマイクロソフト。。 こうやってGmailやYahooメールユーザーも奪うつもりですね。

LMは複数のメールアカウントも独立して管理できるため結構便利です。

WindowsXpでも利用できるのでいいですよ。

WindowsLiveはこちらからダウンロードできます。

必要のないMessengerなどのソフトはチェックをはずしましょう。

スポンサーサイト
2010.02.04 Thu l パソコンサポート l COM(0) l top ▲
Windows7の評判がいいようです。

前のVISTAの評判がすこぶる悪かったということもあるのでしょう。

VISTAに比べたら、起動も終了も早い7ですが

VISTAが出たころのメーカーのパソコンが酷かったのがあるんだと思います。 

特に低価格なPCはCPUにCerelon、メモリが512MBというPCがありました。

VISTAで512MBはつらいです。はっきり言って使い物になりません。最低1GB(1000MB)、できれば2GBある方がいいです。

それに比べて、7が出た去年はメモリの値段も下がり、2GB以上が標準で装備されています。

VISTAが出たころの512MBのPCと 今の2GBでは速度に天と地ほどの差があります。

あの頃のVISTAでもメモリを2GB積んだら結構使えるのではないかと思いました。

VISTAでメモリが2GB以下でPCが遅いと思っている方はぜひメモリを増設してみてください。

使いやすくなると思います。

メモリの確認の仕方

コンピュータの上で右クリックしてプロパティ。
20100207-20125.jpg
 
2010.02.07 Sun l パソコンサポート l COM(2) l top ▲
Windows7にはHomePremiumやProfesional、Ultimateなど様々なバージョンがあります。

その中で大きく分けて 32bit版と64bit版というのがあります。

今までのWindowsはほとんど32bitです。

昔はゲーム機で8bitだ16bitだとbit数が多いほど偉い(笑)みたいなことがありましたが、

PCではこの64bit。メリットもありますが、デメリットの方が多そうです。

実はVAIOのFシリーズを導入しようかと思っていたので色々調べていたのですがどうやらVAIOWindows764bit版しか用意してくれていません。

SONYstyleで一部機種で32bitのWindowsXpのダウングレードも用意してくれてはいますがFシリーズはそれもありません。

64bitでの
メリット:メモリが3GB 以上でも認識してくれる。 64bit用に作ったソフトは動作が速いらしい(ほとんどありませんが)このメモリ3GB 認識してくれても3GBも必要な使い方は非常にハードな使い方か、たくさんのアプリケーションを常駐させるような横着な僕みたいな(笑)使い方しないと必要ありません。

デメリット:一部周辺機器が動作しない。対応していないソフトがある。

会社で使いそうなソフト、周辺機器を調べていると弥生会計(10から正式対応)コニカミノルタのプリンター(対応済み)、
UFJ銀行のオンラインバンキングのBizStationが対応していません。 また、ネット証券の動作環境が未確認です。

このように、企業によって使っているソフトが様々な現況では64bitは導入を見合わせた方がよさそうです。

SONYのVAIOさんは32bitへのリカバリ出来ないのかな? 要確認です。

64bitの普及はまだまだ先だと思いました。
2010.02.10 Wed l パソコンサポート l COM(0) l top ▲
昔 有名だった カメラのブランド YASHICA 

今では、EXEMODEという会社からYASHICAブランドで 安いデジカメが売っているだけになりました。

そのYASHICAの骨董品のようなフィルムカメラをオークションで落札しました。

たしか…ジャンクです。

使い方分かりません。 (+_+)

電池BOXありますが、どんな電池か分かりません。

ELECTRO35 というカメラです。 昭和41年発売らしいです。 

http://www.asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/lens/yashinon45f17.html
IMGP7023.jpg


まぁジャンクですから…

IMGP7024.jpg


絵画のモチーフようです。

IMGP7028.jpg
2010.02.12 Fri l 写真・カメラ l COM(2) l top ▲
写真が趣味のわりにはカメラを持って行くといったら旅行ONLY

これじゃいかんと思い、友達と奈良の室生寺へ。。

特に良い季節というわけでもなく… すごく寒い わけでもないですが… 

奈良というと、昔からたまに行っているゴルフ場がムロウ36や春日台、若草だったり、いつも行く万寿というゴルフ場が奈良だったり、昔大学が奈良県よりの京田辺市だったりでよく行くお隣の県です。

なんだか奈良県好きです。

西大寺の奈良ファミリー(ナラファ)も好きです。10数年前の大学時代はちょくちょく行ってました。 

県民ショーで奈良の方が奈良ファミリーを自慢していましたが… なんだか面白かった。。(笑) 

話はそれましたが室生寺です。

DSC03707.jpg
なぜか飛騨のサルぼぼ
DSC03708.jpg
DSC03723.jpg
思ったより小さかった。五重塔。 数年前に台風で破壊されたので新しかった。
DSC03750.jpg
筋肉痛になりそうだ・・・
DSC03739.jpg

DSC03802.jpg





2010.02.15 Mon l 写真・カメラ l COM(0) l top ▲
秋には あたり一面金色のススキでいっぱいになる曽爾高原。

一度行ってみたいと思いつつ秋は人が多いので二の足を踏んでいたのですが
室生寺の後に冬の曽爾高原に行ってみました。

車は3台ほど、80歳くらいのおばあさんが駐車場を管理していました。

曽爾高原にはほとんどだれもいませんでした。

この季節の曽爾高原はススキも枯れてさびしいかぎりです。

足場が悪かったのですが一番上まで登りました。

DSC03819.jpg
DSC03829.jpg


翌日から筋肉痛です。(+_+)
2010.02.20 Sat l 写真・カメラ l COM(0) l top ▲
発表されたときから

ずーーっと 気になっていた 薄くて軽いあいつ!!

VAIO Xシリーズ。

Pシリーズが出た時もびっくりしたけど、持っているけど。
IMG_0517.jpg

画面が横長でいいはずの解像度の高さが高すぎて文字が小さすぎます。 バッテリーがすぐなくなる。(S) ハードディスクが衝撃に弱い。動いているときに衝撃を加えると止まる?(SSDにすればよかった。)
Xpにしたのになんか遅い。
正直あまり使いやすくありません。

でもXシリーズはソニースタイルのオーナーメイドでカスタマイズしまたので違いました。



CPU → ATOMZ550 2GHz
省電力のCPUですが思ったよりキビキビ動きます。

SSD128GB (SSDはハードディスクと構造が違って衝撃に強いうえにスピードも速い♪64GBもありますが接続方法が違い遅いらしいです。)軽いノートPCにはもはや必需品になりつつあります。

Xpダウングレード(7のリカバリディスクも付いてくるので入れ替えが可能です。)

カラー:プレミアムカーボン(模様が格好いい♪)

Lバッテリー:少し重くなりますが公称10時間(実際使うと5割の5時間くらいだと思います。)
ちなみに最近会社で購入した東芝16インチの大きいノートPCは1時間くらいでバッテリーが無くなります。


今まで、使えるモバイルPCはパナソニックのLetsNoteかなーと思っていましたが今度のVAIOは使えそうです。
(使うLetsに見るVAIO?!と思っていました)

解像度1366×768で11インチのモニターで厚さ14mm重さ800g弱は本当に薄いし軽いし驚きです。

今、持ち運びにLetsNoteのY8をXpで使用していますが、本気でVAIOにしようかと思っています。

IMG_0606.jpg
箱から軽い♪ 

IMG_0608.jpg
腕時計や貴金属が入っていそうな布袋が登場

IMG_0615.jpg
薄いのに液晶の色はGoodです。
IMG_0612.jpg
薄いです♪

1台めのPCとしてはお勧めできませんが、本気でモバイルしたい人にはお勧めのノートPCです。

ネットブックとはやっぱり違います。

詳しいソニーショップからのレビューはこちら
2010.02.20 Sat l パソコンサポート l COM(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。