上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
いつもマンツーマンでパソコンを習いに来てくれている方がいるのですが、最近だんなさんの古い一眼レフを使って料理の写真を撮るのが楽しいとのことで一眼レフのレンズについての講習に変更。

ズームレンズと単焦点のレンズの違いを教えました。

また、いつもオートで撮影していたところをモードダイヤルをPのプログラムにして、露出(明るさ)を調整して撮影するのにチャレンジしてもらいました。

一眼レフはレンズを交換できて背景をぼかした写真が取れるので楽しいようです。

342.jpg
スポンサーサイト
2015.05.22 Fri l パソコン教室 l COM(0) l top ▲
パソコン教室で生徒さんのご注文いただいたノートPCが入ってきました。

初期設定などの作業を済まして生徒様にお渡しいたします。 ご要望に応じて無線LANやプリンターの設定、前のPCからのデータや設定の移動も行います。

IMGP8292.jpg

今回は赤のVAIOです。  生徒さんのご要望(予算や、使用目的、デザインなど)をお聞きして注文します。

今回はVAIOのタイプCの赤です。 お店では売っていない限定色です。それに水濡れなどにも対応した保証が3年付けているので安心して使えます。

IMGP8297.jpg

赤いVAIOは結構派手です。(笑) 

黒が多いパソコンですがこういったカラフルなのも明るくて良いですね。
2011.10.17 Mon l パソコン教室 l COM(0) l top ▲
マンツーマンでパソコン教室を開講しているのですが、2年ほど前から
7*歳のおじいさんが習いに来てくれています。 

一度もパソコンを使ったことがなかったのですが、今ではワードやエクセルで現金出納帳などを作ったり、
販売らくだというソフトで見積もりから請求書の発行まで行います。
もちろんインターネットやメールも

最近はデジタルカメラに挑戦中です。 

securedownload.jpg
キーボードの打つ速度もだいぶ速くなってきました。
2010.05.14 Fri l パソコン教室 l COM(2) l top ▲
2年ほど前にパソコン教室を卒業した生徒さんから最近パソコンのスピードが遅いとの連絡をいただきました。

WindowsVistaの載った初期の頃のPCは、Vista(Basic)の場合メモリが512MBしか積んでない事が多いのです。  メモリはPCで作業するときの作業台のような役割をする部品です。
これが少ないと、少し使うだけで極端に遅くなります。
Vistaの場合最低でも1GB=約1000MBくらいは積んでないと、動きが遅いのです。
余裕があれば、2GBくらい積んでおくほうが良いのです。


vista.jpg

(メモリはコンピュータの上で右クリックしてプロパティで確認することができます)

この生徒さんは、前回説明した時は『まだいい』との事でしたので、ちょうど値段も安くなったのでお勧めして1GBを追加して1GB+512MBで1.5GBにパワーアップしました。

CPUはセレロンで遅いPCのはずですがメモリを追加しただけで思ったより速度が上がりました。
これだったら、インターネットとメール。書類作成、写真管理くらいなら大丈夫そうです。

Vistaの場合は、元々動きが遅いのですがCPUのスピードよりハードディスクの速度の方が影響が大きいような気がします。
(個人的な感想)


ソニー VAIO VGN-FE32B/W
VAIOVGN-FE32B/W

VAIOは嫌いな人も多いのですが個人的には好きです。

私の使っているTZ-73はハードディスクの接続はパラレルATA 
FE32BはシリアルATA
シリアルATAの方が高速なためか、TZよりFEの方が速い気がします。

VAIO VGN-FE32B/W
右側面にはPCカード PCexpressスロット、ieee394、USB×3、外部モニタ接続端子が並んでいます。
前面にWEBカメラとマイクを内蔵しているのでスカイプなどでテレビ電話も楽しめます。
フェリカポートも備えているので、お財布ケータイやICカードの残高も確認できて便利です。


今回、1日お預かりしてメモリ増設の他WindowsUpdateでSP1やVaioアップデートを行いました。
これで、また快適に使えることと思います。

この生徒さんは、PCを仕事で活用して書類とかたくさん作られていましたのでうれしく思いました。
2009.04.25 Sat l パソコン教室 l COM(4) l top ▲

七道カルチャーセンターでのパソコン教室。
先月から習いに来ている生徒さんがいます。
自分でテキストを持参されて、テキスト通りにうまくいかないとのこと。
じっくり時間をかけて、ローマ字打ちから練習。
ご自身でも家で練習をされているので、最初カナ打ちしていて遅かったローマ字打ちが速くなってきました。 また、少し長い文章の漢字変換もマスターできたようです。
今日から、ワープロソフトのワードの機能を覚えていただいて思い通りの書類を作れるように練習していきます。
やっぱり何事も家出の復習が大切だと思い知らされました。

2007.10.04 Thu l パソコン教室 l COM(0) l top ▲

パソコン教室用のPCを新しくしました。

ほとんどの生徒さんにマンツーマンで教えてるのですが、最近パソコンを買い始める生徒さんがVistaパソコンにOffice2007を購入し始めました。
今までのOffice97から2003は小変更のみでアップグレードしても操作に戸惑う事はありませんでした。 これが2007になると大幅に画面構成が変更になりました。  
今まではXPパソコンにOffice2003を利用していましたがこれではOffice2007の生徒さんに対応できません。そこで今度のパソコンはXP+Office2003とVista+Office2007 をデュアルブート(どちらか選んで利用できる)にするためメーカー製ではなくショップブランドのPCを導入しました。(メーカー製だと、Xp用のドライバとWindowsのOSのCDが付いているか確実ではないためデュアルブートができるかわからない為) ドスパラというショップのPrimeという名前のPCを購入しました。スペックはペンティアム4 3.0Ghzに1Gバイトのメモリ、80GBのハードディスクにVistaをインストールして発注しました。 ショップブランドのPCはOSがOEM版のOSが付いているので、後からXPとVistaのOSのCDを利用してデュアルブートに出来ます。 
早速 Vistaがインストールされていますが、全部消去して、XPを1つ目の区切ったHDDにインストールしなおします。その後空いてる容量を利用してVistaをインストールします。
これで ある時はWindowsXP + Office2003 ある時は Vista+Office2007で利用できます。 どんな生徒さんにも対応できます。

Dsc01636

でも、ショップブランドのPCは自作パソコンと大差ないです。
メーカー製のPCの完成度とは比べ物にならないくらい低い。。
とにかくファンの音がうるさいです。 筐体は小穴だらけで、風通りはよさそうだけど、騒音も筒抜けです。 排気ファンもないし。

2007.04.12 Thu l パソコン教室 l COM(0) l top ▲

月2回 社会福祉法人コスモスの運営する知的障害者の作業所のあのあ
でパソコンサークルの指導をしている。 カレンダーを作ったり、名前シールを作ったり、
経営するカフェで必要な張り紙や注文表を作ったり、ゆっくりだけどがんばってくれています。
タツノビル横の”喫茶のあのあ”です。

2006.10.14 Sat l パソコン教室 l COM(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。